春季関東高校野球県予選《2回戦》高経附守った、藤岡中央に6-5

©株式会社上毛新聞社

藤岡中央―高経附 1回裏高経附1死満塁、川島の右飛で本塁にかえる三走吉田=伊勢崎市野球場

 高校野球の第73回春季関東地区大会群馬県予選第6日は18日、伊勢崎市野球場など3会場で2回戦6試合を行い、高経附が6-5で藤岡中央に競り勝ち、3回戦に進んだ。昨秋4強の館林は12-5の八回コールドで明和県央を下した。今春の選抜大会に出場した健大高崎は7-3で桐生工を破った。大会第7日は19日、高崎城南球場などで2回戦6試合を行う。

 高校野球特集はこちら

 ▽2回戦

藤岡中央

 000101003―5

 10000212×―6 高経附

 ○…高経附が後半のリードを守り逃げ切った。1点を追う六回、3四球と小暮の中犠飛などで2点を返して逆転。七回は2死二塁から川島の適時三塁打、八回は2死一塁から吉田の右越え2ランで加点した。

 藤岡中央は九回2死から、内山の適時二塁打と中村の2点中前打で1点差に迫ったが、及ばなかった。