ステアリングが操縦かん!? トヨタがハリアー似の新型EV(電気自動車)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」を2022年に発売へ!

©株式会社MOTA

2021年4月19日(月)、トヨタは新たなEV(電気自動車)シリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」第一弾として、「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプトカーを中国・上海モーターショーにて発表した。ハリアーにも似たSUVスタイルのEVで、SUBARU(スバル)と共同開発したAWD(四輪駆動)システムを搭載する。日本と中国で生産され、2022年の年央までに販売を開始する予定。

トヨタ 新型電気自動車 TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)シリーズ 第一弾「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」(コンセプトモデル)[2021年4月19日発表]

「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」はスバルと共同開発されたAWD(四輪駆動)のSUV型EV

「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」(コンセプトモデル)

トヨタ自動車は2021年4月19日(月)、新EV(電気自動車)「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」シリーズを展開し、2025年までに7車種を導入することを明らかにした。

また第一弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」を2022年年央までに発売すると発表し、bZ4Xのコンセプトカーを4月19日から開幕した中国・上海モーターショー会場にて世界初公開した。

欧米や中国などでの普及を目指す「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」シリーズ

「トヨタ C+pod(シーポッド)」は2022年の本格的な市販化を目指す超小型EVで、bZシリーズとは狙いどころが異なる

トヨタでは既に、小型電池を搭載した超小型EV「C+pod(シーポッド)」を発表しているが、こちらは少人数・近距離利用のEVだ。

それに対しTOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)シリーズは、中国・米国・欧州といったEVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域での普及を狙ったモデルである。

第一弾となるトヨタ bZ4X(ビーズィーフォーエックス)は、スバルとの共同開発により誕生したSUVタイプのEV。ハリアーにも似たスタイリッシュなデザインで、市販化されたら人気を集めそうだ。

今後展開する予定のbZシリーズについても、中国のBYDを始め、ダイハツ、スバル、スズキといったパートナー企業各社との共同開発により開発を進めていく予定となっている。

EV専用e-TNGAプラットフォームを新採用

bZ4Xは、トヨタの電動化技術と、スバルが得意とするAWD(四輪駆動)制御技術という各社の強みを生かし、「快適かつ楽しめる走りを実現するEV」を目指し開発されたEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用する。

SUVタイプのEVは既に国内外で多数発売されており、2021年には日産からもガチのライバル車となりそうな「アリア」が正式な市販化を控えている状況だ。そんな中でトヨタはどのような特徴で差別化を図るのだろうか。

トヨタが今回発表したbZ4Xの特徴は以下の通りだ。

▼トヨタ bZ4X 主な4つの特徴▼

操縦かんを思わせるステアリングホイールが目をひくが、全体的には至って現実的なデザインだ

特徴1.EV専用の利点を生かした長いホイールベース(車軸間の距離)で特徴的なスタイリングと広い室内を実現

特徴2.ステアバイワイヤ(電子制御によりハンドル操作を伝える仕組み)を採用。車速や姿勢に合わせた制御をおこなうことで、操舵時に持ち帰る必要のない異形ステアイングホイールを搭載。

特徴3.スバルと共同開発した新AWDシステムを採用

特徴4.ソーラー充電システムを採用し停車時の充電を実施。回生システムと共に冬場でも不満のない航続可能距離を実現。

今後トヨタでは、bZ4Xを日本と中国での生産を予定し、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画だ。

トヨタは電動化を適材適所に行っていく

2050年カーボンニュートラルの実現に向け、世界中の自動車メーカーが脱エンジン化に向けたかじ取りを迫られている。各国の自動車メーカーは、CO2削減に向けた急激な電動化シフトの方針を発表。特に各社ともEVモデルの新規展開を訴求する。そんな中トヨタは、いたって冷静な反応だった。

トヨタの電動化フルラインナップの現状

1997年に登場した世界初の量産型ハイブリッドカー「プリウス」(初代)

四半世紀近く前の1997年には、初の量産型ハイブリッドの初代「プリウス」を市販化。当時より「環境車は普及し、CO2削減に貢献してこそ初めて環境車としての意義がある」のコンセプトを掲げ、ハイブリッド車の普及に全力を注いできた。また近年は充電や電力供給が可能なプラグインハイブリッド(PHV)車や、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)も市販化を推進している。

その成果は以下の通りである。

・電動車販売累計は1700万台超(1997年~2021年2月末現在)

・CO2排出抑制効果は累計約1億4000万トン(1997年~2020年末現在)

・2020年電動車のグローバル販売実績は、約195万台(トヨタ販売全体の23%、約4台に1台が電動車)

・2010年~2019年の間で、約22%のCO2を削減(グローバル新車平均)

・乗用車・商用車合わせHV45車種・PHV4車種・EV4車種・FCV2車種の計55車種の電動車をラインアップ(2020年末現在)

今回新たに発表されたトヨタのEV導入は、既に世界で最も進んでいるトヨタの電動車フルラインアップ化の一環でしかないという訳だ。

今後トヨタではbZシリーズで7車種、そのほか合わせ全15車種のEVを2025年までに導入していく。