尼崎のディープな魅力たっぷり!屋外フードコート「あま屋台」 コロナ対策も

©株式会社ラジオ関西

日本一早い阪神タイガースの“マジック点灯”、ノスタルジックな寺町、観光地として有名な尼崎城……。歴史情緒と住民の活気が入り混じる魅力たっぷりのまち、尼崎。そんな尼崎のディープな魅力をギュッと集めた「尼崎屋台広場(通称:あま屋台)」が、4月16日(金)にオープンした。場所は阪神尼崎駅の北側、中央公園西側すぐ。

出店するのは計8店舗、炭火焼き鶏や定番の串カツ、薫製、唐揚げ、沖縄料理などバラエティ豊かな屋台が並んでいる。なかには、“尼崎市民みんなが自慢したくなるようなもの”を選ぶコンテスト「メイドインアマガサキコンペ」の認証を受けた名産品の販売や、尼崎市外からの出店も。新型コロナウイルス感染予防対策として、ソーシャルディスタンスを保った少人数席・立ち飲み席が用意されており、オープンエアーで飲食を楽しむことができる。

さらに、会場内にはイベントステージを設置。ライブ演奏や紙芝居など、プロアマ問わず様々なパフォーマンスが予定されている。現在も出演者を募集しているため、出演希望者は、公式ホームページの問い合わせフォームからエントリーが可能だ。

今回、店舗の企画・デザインを担当した株式会社Replaceの三好さんは「テイクアウトもできるので、仕事帰りに寄るといった活用も可能です。感染予防対策を徹底して運営していますので、ぜひ一度お越しいただければと思います」とコメント。

また、阪急阪神不動産の皆川さんは「地元住民の方はもちろん、今回の取り組みをきっかけに尼崎を知らない方にも来ていただけることを楽しみにしています」と期待を膨らます。

「あま屋台」の開催期間は、2022年3月までの1年間。営業時間は平日の午後4時から午後8時、土日祝およびGW期間中は12時(正午)から午後8時まで。

この記事はいかがでしたか?