今年のアジア経済成長率は6.5%以上の見込み―ボアオ・フォーラム報告書

©株式会社 Record China

海南省ボアオで開幕したボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会の第1回記者会見が18日に行なわれ、2021年度の報告書となる「アジア経済の見通し及び一体化プロセス」と「持続可能な発展のアジアと世界」が発表された。それによると、今年のアジア経済は回復的成長を遂げ、経済成長率は6.5%以上になる見込みで、アジアは世界の持続的回復における重要な牽引役になることが期待されるという。新華社が伝えた。
同報告書は、「新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、アジア経済は昨年、60年ぶりのマイナス成長に陥ったが、全体としてみると強靱性は非常に高く、中国は2020年に経済のプラス成長を達成した世界で唯一の主要エコノミーになった。アジアは感染症の予防・抑制の強化、産業チェーン・サプライチェーンのスムーズな流れと安定の維持、貿易・投資面での重要な役割発揮の推進において、多国間主義の安定装置になっている。その中で、中国は激流の中で不動のまま立っている中流の砥柱の役割を果たした」との見方を示した。
ボアオ・アジアフォーラムの李保東(リー・バオドン)事務局長は、「中国を主軸としたアジア市場がさらに拡大すると、グローバル経済に非常に大きなニーズをもたらすことになる。アジアが世界で最も早く感染症の状況を安定させ、生産を回復したのに伴い、今年のアジア経済回復の歩みはさらにペースが加速し、成長率は6.5%以上になると予想される。これは非常に喜ばしい数値だ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)