アロンソが復帰後初入賞「この1戦で4戦分の経験をしたような気がする」アルピーヌ/F1第2戦

©株式会社サンズ

 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは10位、エステバン・オコンは9位だった。

■アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=10位
 途中でコンディションが変化して、トリッキーなレースになった。ウエットでスタートして、フィニッシュした時にはドライだったからね。久しぶりにこういうコンディションでドライブして、学ぶところがたくさんあった。

 F1ではシーズン前にあまり準備ができず、たった1日半のウインターテストだけでは、なかなか難しいところがある。個人的には、この1戦で4戦分の経験をしたような気がするよ。今週末、クルマは前戦よりも確実に良くなっていて、その点はポジティブだ。周囲のクルマとの争いは、依然としてものすごくタイトだけどね。ポルトガルでも、この進歩を維持したい。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=9位
 難しいコンディションのもとでのチャレンジングなレースだった。その中でたくさんのチャンスがあって、何とかポイントを獲得できたことはまずまずの結果であり、チームのハードワークにも報いることができたと思う。ただ、もっと多くのものを手に入れる可能性もあったのは確かだ。

 長く、体力的にも厳しいレースで、特にリスタート後は最後までずっと全力で走った。コース上でのバトルもあり、特にフェルナンドとの争いは楽しかったよ。次のレースの週末を楽しみにしている。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

この記事はいかがでしたか?