空白を埋める中国初の砕氷航路標識船が武漢で進水―中国メディア

©株式会社 Record China

中国初の砕氷能力を持つ大型航路標識船「海巡156」が15日、中国船舶武船集団双柳造船拠点で進水した。主に北方の海が凍る港湾、航路の航行補助施設の設置、撤去、交換、メンテナンスに用いられる同船は、中国の砕氷航路標識船の空白を埋め、北方の海域の航海保障能力を効果的に高めるものとなる。
2019年4月に建造が開始された同船は、今年9月に交通運輸部北海航海保障センターに引き渡される見通し。同船の全長は74.9メートル、型幅は14.3メートル、型深さは6.2メートル、排水量は約2400トン。全電力駆動・ダブルラダープロペラ推進システムを採用。厚さ0.5メートルの氷を砕氷しながら5ノットで航行でき、厚さ0.6メートルの氷であれば3.5ノットの航行速度になり、海氷の条件下で優れた操縦性と航路標識作業能力を持つ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)