【韓国】シューズも自宅でケア、LGが年内に新製品[電機]

©株式会社NNA

LG電子が2008年に発売したシューズ用クリーニング機(同社提供)

韓国のLG電子が18日、シューズ用ホームクリーニング機「シュースタイラー」を国内で年内に発売すると発表した。衣料用ホームクリーニング機「スタイラー」に続くヒット商品に育てたい考えだ。

新製品は、殺菌と脱臭に効果的な高性能乾燥物質を使った新技術を採用。高温スチームでシューズの汚れを取り除くだけでなく、衛生的にケアもできるようにした。細かい調整も可能で、高級靴や限定モデルのスニーカーから普段使いのシューズまで幅広く対応できる。すでに特許庁への関連商標の登録出願も完了したという。

同社は2008年、ドラム洗濯機に合わせる形でシューズ用ホームクリーニング機を商品化し、デザインと技術の特許出願を進めてきた。20年には現代自動車と協力し、未来の電気自動車(EV)向けシューズケアを公開した。