春季関東高校野球県予選《2回戦》富岡が延長制す シード樹徳に5-2

©株式会社上毛新聞社

富岡―樹徳 10回表富岡1死二、三塁、青木の勝ち越し右越え二塁打で、三走三浦に続いて二走清水が生還し、4点目=伊勢崎市野球場

 高校野球の第73回春季関東地区大会県予選第7日は19日、高崎城南球場などで2回戦の残り6試合を行い、富岡が延長十回、5-2でシードの樹徳を破った。市太田は粘る桐生商を8-7で下した。前橋商、桐生第一も勝ち上がった。大会第8日は21日、4球場で3回戦8試合を行い、8強が決まる。

 高校野球特集はこちら

▽2回戦

富 岡 0000001013―5 1010000000―2 樹 徳

(延長十回)

 ○…富岡が接戦を制した。延長十回、三浦の四球と清水の二塁打で1死二、三塁と攻め、青木の2点二塁打で勝ち越し。工藤の左前打で加点した。1点を追う九回、小暮が同点打を放った粘りが実った。

 樹徳は初回、阿久津の中犠飛で先制し、三回に佐藤の適時二塁打で加点したが、後が続かなかった。