「マックスとルイスの戦いが続くのだと実感した」今季初優勝は、これまでと違う1勝に/ホンダF1山本MDインタビュー

©株式会社サンズ

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースは、3番手からスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今シーズン初優勝を飾った。レース直後にインタビューに応じたホンダF1の山本雅史マネージングディレクターは、フェルスタッペンの巧みな走りが光るレースだったと振り返り、また12位に終わった角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)について「いい勉強になったのではないか」と語った。

────────────────────

──今シーズン、初優勝です。

山本雅史マネージングディレクター(以下、山本MD):率直にグッときたのは、ポディウムでレッドブル・レーシング・ホンダというのを聞いて、改めて今シーズン1戦1戦大事にやっていかなければいけないと感じました。

──今週末は完璧な週末とはいきませんでしたが、最終的に優勝しました。今週末の戦いを振り返ってもらえますか。

山本MD:本当にいいレースをしたなと思います。レーススタート前の午後2時ごろから雨が降ってきて、いろんな変化のあるレースコンディションのなかで、マックスもヒヤッとするシーンもありましたが、雨のなかでの走らせ方、巧さが光ったレースだし、いいレースだと思います。

──レッドブル・ホンダとしては通算7勝目ですが、今回の1勝は今までと違いますか?

山本MD:はい。ひとつはレッドブル・レーシング・ホンダというチーム名がポディウムで聞けたこと、もうひとつは開幕でルイスが勝って、マックスが2位。今回はマックスが勝って、ルイスは色々あったけれど、追い上げての2位。開幕戦同様にマックスとルイスの今シーズンの戦いが本当に続くんだなと感じたという点で、これまでとは少し違った勝利でした。これからが楽しみです。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP表彰式 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)

──まだ2戦が終わったばかりですが、今年はタイトル争いができることがはっきりと見えた1戦でした。

山本MD:ルイスもミスはしたけど、(そこから挽回してくる)巧さが光った。マックスにアドバンテージがあるとは思っていなくて、1戦1戦しっかりやり切るということが最終的に(タイトルに)つながるのではないかと。そこを信じて継続してやっていきたいです。

──角田選手について伺います。昨日(予選)のミス、そして今日もいろいろなことがありました。今週は多くのことを学んだと思います。

山本MD:今週はちょっと空回りしましたね。予選は頑張ろうとプッシュしすぎました。今日は20番手からしっかりひとつひとつポジションを上げて、赤旗までは順調だったんですけど、赤旗後、10番手からソフトタイヤでスタートしたローリングスタートでの1周目の2コーナーでまた頑張り過ぎちゃった。ルーキーとしてという意味ならいいんでしょうけど、レースもまだ周回数があったし、(あれがなければ)しっかりレースができたと思う。そういった意味ではいい勉強になったのではないかと思います。

──今日はハミルトンでもミスしましたからね。

山本MD:いい経験をした。ウエットタイヤこそ履かなかったけどインターミディエイトを履いて、いろんな経験したという意味では次につながると信じています。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP レース直後にインタビューに応じたホンダF1山本雅史マネージングディレクター
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)優勝、チームが記念撮影
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)