消火設備事故、元請け会社を捜索

CO2放出で4人死亡、警視庁

©一般社団法人共同通信社

警視庁=東京都千代田区霞が関

 東京都新宿区にある地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、警視庁捜査1課は20日、業務上過失致死傷容疑で、現場の天井張り替え工事の元請けだった株木建設の東京本社(豊島区)を家宅捜索した。安全管理に問題がなかったか調べる。

 事故は15日夕、新宿区下落合のマンションにある立体駐車場の地下1階で、男性作業員6人が工事中に発生。4人が死亡した他、28歳の男性が意識不明の重体となった。残る1人は自力で脱出した。