“2週間ルール”って大丈夫? 米ツアー初のコロナ感染から1年、日本の対応はどうだったのか

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

PGAツアーで使われているリストバンド(撮影:Mike Wolfe)

華々しく開催されるはずだった2021年の国内男子ツアー初戦「東建ホームメイトカップ」は、出場選手のコロナ陽性が確認され、3日目が中止となった。国内ツアーで初めて出場選手の陽性が確認されたケースとなったが、今回の対応はどうだったのか。

感染が確認されたキム・キョンテ(韓国)は、19年以来の日本ツアー参戦のため3月28日に入国。空港でPCR検査を受け、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の管理下のもとプライベート車でホテルに移動。14日間の隔離を終えて、再度のPCR検査受検、JGTO管理体制のもとで会場に入り、大会期間中も密を避けた行動を取っていた。

ところが2日目の朝に38.5度の発熱があり、会場近くの三重県桑名市内の病院で抗原検査を行い陽性判定。隔離施設を探すために時間を要し、そのあいだキョンテは車内で待機していたという。濃厚接触者として2名が保健所から認定されたが、すぐにPCR検査を受検、初日同組でプレーした選手らも近隣でPCR検査を受けられる施設を探し、名古屋市内へ移動して検査を受けた。幸いにも陽性者は出なかったが…。

世界の主要ツアーではじめて出場選手のコロナ感染が確認されたのが、昨年の6月。PGAツアー再開2戦目の「RBCヘリテイジ」第2ラウンドだった。ニック・ワトニー(米国)が2日目朝に体調不良を訴え、検査の結果コロナ陽性が判明し、今回のケースと同様にそのまま棄権した。

PGAツアーでは、大会会場近くにPCR検査を受けられるトレーラーやテントを常設。本戦が始まれば数は減らすが、最終日までいつでも検査が受けられる体制を整えている。陽性がわかった場合は、隔離施設や移動の手配、隔離中の食事や日用品に至るまで、ツアーがサポート。選手やキャディが感染した場合、選手には最大10万ドル、キャディには最大1万ドルの補償も行なっている。

また、日米で大きく違うのが事前の検査。PGAツアーの場合、選手は会場入りした初日に必ず検査を受検し、試合ごとに検査を受け陰性を確認するリストバンドを配布。このバンドがなければ、選手もコースには入れない。

ところが、現在の日本ツアーでは“2週間ルール”が適用されるケースが多い。大会ごとの規定によって異なるが、基本的に1度のPCR検査結果が2週間有効になっている。今回「東建ホームメイトカップ」で陽性者が確認されたが、翌週の「関西オープン」でも、現段階ではこの2週間ルールが適用される予定で新たな検査は実施しないとしている。

初日にキョンテと同組でプレーした時松隆光は、第2ラウンドの途中でキョンテの陽性を知らされたが、濃厚接触者にはあたらないとされたため、そのまま続行。ラウンド後に受けた検査で陰性が確認されたが、「知らされた時点でプレーをやめたほうがよかったのかとも思いました。周りの人にも迷惑をかけるかもしれないし、申し訳ない。翌週についても、もう一度出場を考えようかと思っています」と話していた。JGTOの判断に従った時松だが、動揺が走ったのは間違いない。

検査費用は選手やキャディでも、大会によっては検査費用を一部または全額負担となることもあるため負荷も大きいし、もし感染者が出てしまった場合の対策費用などは主催者、JGTOにとっても負担はかかる。しかし、全選手や関係者、そしていつかファンが安心して会場に戻るためにも、チェック機能、有事のマニュアルの再整備など、まだまだ改善の余地はありそうだ。