新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

©新華社

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、スマートガラス温室内部の景色。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

 【新華社カシュガル4月20日】中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

  産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、スマートガラス温室でスイカの苗の手入れをする作業員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、育苗センターで育てたトウガラシの苗を棚に載せる作業員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、スマートガラス温室で作業する清掃員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)

新疆南部で野菜栽培の発展が加速 新疆カシュガル地区

17日、育苗センターでトウガラシの苗に水をやる作業員。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)