行革相、高齢者接種の混乱陳謝

ワクチン予約殺到

©一般社団法人共同通信社

記者会見する河野行革相=20日午前、東京都千代田区

 河野太郎行政改革担当相は20日の記者会見で、新型コロナワクチンの高齢者向け接種を巡り、自治体に予約が殺到して混乱を招いたとして「ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ない。必要な措置を取っておくべきで、私の指示不足に帰結する」と陳謝した。

 予約殺到を防ぐために接種券の段階的発送を自治体に要請したが、うまくいかなかったと釈明。「私が思った以上に、自治体は住民の公平性を重視した」とし、自治体側に問題があったわけではないと語った。

 反省を踏まえ、高齢者接種後に実施する一般向け接種では、全国知事会など自治体側と事前に相談しながらルールを設けるなど対応していく考えも示した。