終盤に底力、足羽が丹南に逆転勝ちし2回戦へ 2021春季高校野球福井県大会

©株式会社福井新聞社

第144回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・足羽―丹南 7回裏、走者一掃の適時三塁打を放った足羽の上野寿弥=4月20日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第144回北信越地区高校野球福井県大会は4月20日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で1回戦5試合を実施。敦賀市総合の第1試合は足羽が丹南に9-5で逆転勝ちし、2回戦に進出した。

丹南 102  110  000…5 011  000  61X…9 足羽

■丹南 橋本直、岸本隼人、橋本、岸本、橋本―山下登生 ■足羽 他中笙太、石本晏大―丹羽大遥

 足羽は3点を追う七回、山口十弥の中前打と死球で無死一、二塁とすると4番丹羽大遥が右中間へ二塁打を放ち1点を返した。なお二、三塁から連続四球で押し出し。1点差に迫ると、続く上野寿弥が右翼線へ走者一掃の三塁打を放ち7-5と試合をひっくり返した。森下悠人のスクイズでさらに1点を加え、この回一挙6点。勢いに乗って八回に橋本瞬の適時打で1点を加えた。

 丹南は初回、1死三塁から岸本隼人の中前打で先制。三回には無死一塁から岸本の適時三塁打などで2点を加え優位に試合を進めたが、足羽の猛攻を止めることができなかった。