XR(VR/AR/MR)360°動画対応HMD市場に関する調査を実施(2020年)

XR(VR/AR/MR)360°動画対応のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の国内出荷台数は2020年に73万台の見込~今後、5G普及が期待されるものの、ハード市場を牽引するリードデバイスの登場が待たれる~

©矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内外のXR(VR/AR/MR)及び360°動画市場を調査し、地域別世界市場、HMD製品出荷状況などXR・360°動画市場の将来展望を明らかにした。

ここでは、XR(VR/AR/MR)・360°動画対応のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の国内出荷台数予測を公表する。

1.市場概況

2016年以降、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用したVR(Virtual Reality;仮想現実)市場は急速な盛り上がりを見せた。既にスマートフォンの市場が確立されていたこともあり、スマートフォンをVRに活用する動きがみられたが、現在はスタンドアローン型の専用HMDを使用するのが一般的である。

一方、AR(Augmented Reality;拡張現実)についても同時期にスマホゲーム「Pokémon GO」が流行した。一度はブームが下火となったARだが、「Pokémon GO」の世界的成功により再びARが脚光を集める事となった。また、写真投稿サイト「Instagram」が世界的に普及し、360°パノラマで撮影した作品(コンテンツ)が数多く投稿されている。

更にVRとARの特性を組み合わせたMR(Mixed Reality;複合現実)も導入されており、(米)Microsoftはハードウェア・ソフトウェア両面の開発で主導しており、主に法人市場に導入が進んでいる。

現在HMD市場はVR向けが大半を占めており、2020年の国内に於けるHMD機器出荷台数は73万台の見込みである。

2.注目トピック~HMD製品カテゴリ別動向

2018年にスタンドアローン型HMDとして(米)Oculusの「OculusGo(オキュラスゴー) 」が、2019年には6DoF(3次元トラッキング)に対応した後継モデル「OculusQuest(オキュラスクエスト)」が発売されて世界的なヒットとなり、HMD市場はスタンドアローン型が中心となって普及してきた。

一方、スマートフォンにVRアプリをダウンロードして使用するスマホ装着型HMDは、(米)Googleに続き、スマホ端末メーカーが市場から撤退した結果、市場全体は縮小に転じた。しかし、スタンドアローン型HMD向けのチップセットが開発され、2021年以降は中国のスマホメーカーを中心として導入が期待される。

また、PCに接続が必要なフルスペック機は縮小傾向にある中で、スタンドアローン型製品の一部にはフルスペック型の機能を併せ持つ製品が登場しており、同市場を補完している。

ゲームコンソールについては、主な対応製品であるSONYの「PlayStationVR」の状況に依るところが大きい。ハードウェアとしては2020年に新型機「PlayStation5」が登場したが、既存製品も引き続き使用可能となっている。また、「PlayStationVR」は値下げするなど普及への取り組みが進んでいるものの、VR対応の新作ゲームのリリースは鈍化傾向にある。

3.将来展望

2020年から5G(第5世代移動体通信サービス)が導入され、国内でも商用サービスが開始された。2021年現在、5Gに対応するスマートフォン製品は増加しているものの、エリア展開や、5Gの本命とされるミリ波・sub6の周波数帯に対応したサービスの本格導入には暫く時間が掛かる見通しである。

ハードウェア市場については、現在「OculusQuest2(オキュラスクエスト2)」が市場を牽引しているが、同製品以外に有力な製品が存在しないのが実情である。

今後の国内HMD市場では、スタンドアローン型でセルラー機能搭載製品の導入に加え、ゲームコンソールでの次世代対応が待たれる状況にある。また、大手スマホメーカーの新規参入が噂されているものの、HMD市場に再び脚光が集まるには、2022年以降迄待たねばならない。