春季栃木県高校野球の組み合わせ決まる

©株式会社下野新聞社

組み合わせ抽選会でくじを引く国学院栃木の浅田主将=宇都宮工業高

 24日に開幕する第74回春季栃木県高校野球大会の組み合わせ抽選会が20日、宇都宮工高で開かれ、初戦の対戦カードが決まった。

 昨年秋の県大会優勝の国学院栃木は、1回戦で大田原と対戦。準優勝の石橋は、2回戦で宇都宮南-足利大付の勝者と当たる。

 昨年の春季県大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止となっており、開催は2年ぶり。

 大会には北部、中部、南部の各地区予選を突破した27校が出場。5月5日までの延べ7日間、清原、県営、とちぎ木の花(栃木市営)の3球場で行われ、上位2校が5月15日から山梨県で開催される関東大会の出場権を手にする。