科学技術が啓新に逃げ切り勝ち、2回戦へ 2021春季高校野球福井県大会

©株式会社福井新聞社

第144回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・啓新―科学技術 九回裏、最後の打者を三振に抑えた科学技術・藤野紫龍=4月20日、福井県福井市の福井県営球場

 第144回北信越地区高校野球福井県大会は4月20日、県内2会場で1回戦5試合を行った。福井県営球場の第3試合は科学技術が啓新を3―2で下し、2回戦に進出した。

科学技術 300  000  000…3 000  000  002…2 啓新

■科学技術 藤野紫龍―野路康聖 ■啓新 大西諒、平井滉太、塚田晴斗―松本陽向

 科学技術は初回、1死満塁から相手守備の乱れを見逃さず先制すると、野路康聖がすかさず適時打を放ち加点。続く奥島洸成もスクイズを決めこの回3点を挙げた。

 先発の藤野紫龍は初回から気迫のある投球を見せ、啓新に逆転を許さず完投した。

 啓新は3点差で迎えた九回、橋詰瑛之介の適時打などで1点差まで詰め寄ったが、その後打線が続かなかった。