貧打・中日が今季3度目の無得点 与田監督は「点を取れる戦術を僕がしないといけない」と猛省

©株式会社東京スポーツ新聞社

中日・与田監督

中日の打線が振るわない。20日のDeNA戦(横浜)に中日は0―0と今季3度目の無得点に終わり、8回3安打無失点と好投した大野雄を見殺しにしてしまった。

相手先発・大貫の前に初回と5回は一死二塁としながら、いずれも後続が打ち取られた。絶好機だった7回無死一、三塁でも阿部が遊直、木下拓は二飛、大野雄も二ゴロに倒れた。結局、スコアボードには最後まで0が並んだ。パウエル打撃コーチは「(大貫は)すごく良い投手なのは分かっている。チャンスをつくることはできたが、最後ものにすることができなかった」と悔しそうに話した。

DeNAはゲッツーシフトを敷き内野ゴロでも1点入ったが、与田監督は「それでも十分良かった。もちろん、そういう気持ちで打席に入っていたと思うけど、なかなかそれが簡単にはできない。選手の意志が結果につながるように。阿部も今日、二塁打を打って、福田にも安打が出て、少しずつ上がってきているので、そういうところに期待していきたい」と必死で前を向く。

その上で、打ち上げてしまった阿部、木下拓を責めることなく、指揮官は「特に(7回)無死一、三塁で、点を取れる戦術を僕がしないといけない。結果的に点が取れなかった。打てなかった選手がどうこうというよりも何とか点が取れるように、しっかり采配を考えないといけない」と猛省する。

20日現在、12球団ワーストの1試合平均得点が2・33の深刻な貧打線がすっきり解消される日はいつになるのか。