【CRI時評】日本政府は二度と、歴史に債務を負うような道徳心の欠けたことをしてはならない

©株式会社 Record China

日本政府は、核汚染水の海洋放出を巡り国内外の批判を受ける中、「常軌を逸した」対応を続けている。最近では、中国と韓国の原発汚染水処理基準は日本より低いとの主張まで日本から出ている。これは、鹿を指して馬だというように是非を転倒したものであり、偽科学で「自己催眠」をかけているようなものだ。福島原発は最高レベルの核事故を起こし、その汚染水には大量の核分裂によって生成された放射性核種が含まれ、原発の通常の運転から排出される水質とは完全に異なるという核心的な事実を否定または隠そうとしている。
日本が概念をすり替えて詭弁(きべん)を弄(ろう)する直接の目的は、福島の核汚染水の有害性を隠し、海洋放出方式を採用したことの正当性を求めることにある。
核汚染水が本当に日本政府の言うように飲用水の基準に達しているのなら、なぜ自国の飲用水システム、それが無理なら農業かんがいシステムや都市再生水システムに組み入れたりせずに海へ放出する必要があるのか。廃水は無害と主張する日本の政治家はなぜ、パフォーマンスとして一口飲んでみることさえしたがらないのか。
日本の決定に対し、各国の科学者からは将来の海洋の悲惨な情景のシミュレーションが出されている。日本政府の決定は地球に対する執行猶予付きの判決だとの声もある。
日本は、核汚染水を処理するためのより安全な方法が他にあったにもかかわらず、地球を最も傷つけるものを選んだ。主な理由の一つは、安上がりであることだ。日本は、短期的な私利のために、国際社会や利害関係者のコンセンサスを得ることも、安全な処分方法を尽くすこともせず、自らの経済的代償が最も少ない海洋放出案を一方的に選択したが、かえって最大の環境・健康・安全リスクを世界に残し、自らが負うべき責任を全人類に転嫁した。これは極めて無責任で不道徳な決定だ。
人々が懸念しているのは、日本の一連の対応が示す極端なエゴイズムと、他の国を引きずり込んで予測できないほどの悪い結果を一緒に受けさせるという狂ったやり方が、第二次世界大戦当時の侵略戦争を発動した日本の軍国主義思想と似ていることだ。
日本政府は二度と、歴史に債務を負うような道徳心の欠けたことをしてはならない。第二次世界大戦当時の侵略戦争によるアジアの隣国への被害について、日本では今でも深く反省しない人が一部にいる。核汚染水が海洋放出されることによってもたらされる被害と影響は、一つの戦争よりも甚だしいものとなるだろう。日本は誤った決定を見つめ直して撤回すべきだ。福島原発の廃水をどう処理するか。その基準はただ一つ、「全人類の将来と将来世代に責任を負う」だ。(CRI論説員)