チャンス生かせず 四回、3安打しながら無得点

©株式会社中国新聞社

【広島―ヤクルト】四回、広島2死二塁、長野の内野安打の間に二塁走者鈴木(左)が三本間に挟まれてタッチアウト。三塁手村上(中)

 【広島―ヤクルト】(21日、マツダ)

 広島東洋カープは四回、打者4人中、3安打しながら、無得点に終わった。

 先頭の2番安部友裕が右前打で出塁。しかし、西川龍馬がニゴロ併殺に倒れる。好機がついえたかと思いきや、4番の鈴木誠也は泳ぎながらも、左越えの二塁打でまたもチャンスを演出。続く長野久義が遊撃へ内野安打を放ったが、鈴木が本塁突入を狙い、三本間に挟まれて、アウトとなった。このところ打線の不振が目立つ中、またも効率の悪い攻めを見せた。