志位氏、IOC会長の発言を批判

宣言は関係なしに「憤り感じる」

©一般社団法人共同通信社

 共産党の志位和夫委員長は22日の記者会見で、東京都に発令予定の新型コロナウイルス緊急事態宣言を巡り「東京五輪とは関係がない」とした国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の発言を批判した。コロナ感染拡大抑止が先決だとの認識を示した上で「五輪を開催している場合ではない。憤りを感じた」と語った。

 国民民主党の玉木雄一郎代表も会見で「公衆衛生の在り方はわが国で判断すべきものだ。バッハ氏からとやかく言われるものではない」と不快感を表明。同時に「現在において、安心安全な五輪ができるかは疑問だと言わざるを得ない」とした。