【速報】職員のコロナ感染で業務を一時停止 出雲郵便局

©山陰中央新報社

 出雲郵便局(島根県出雲市駅南町3丁目)で23日、職員1人の新型コロナウイルス感染が確認され、局内の消毒のため窓口、配達業務を一時停止した。山陰両県内の郵便局で職員の新型コロナの感染による業務停止は初めて。24日以降は通常通り営業する。

 日本郵便中国支社(広島市)によると、職員は配達業務を担当し、既に判明している感染者の関連で23日に検査を受け陽性だった。

 同局は同日午後に約2時間業務を停止し、局内を消毒。切符購入や小包の受け取りといった窓口業務や現金自動預払機(ATM)の利用を中断した。配達に出ていた職員も一度帰社させたが、手紙や小包の配達には影響がなかった。局内に濃厚接触者はいなかった。

 同支社の今脇潤二広報担当係長は「保健所の指導を受け、必要な措置を講じる」と話した。