緊急事態宣言再発令で都内開催のJリーグ4試合もリモートマッチに。関西圏7試合も無観客開催

©フットボール・トライブ株式会社

味の素スタジアム 写真提供:Gettyimages

公益財団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は24日、緊急事態宣言発令による東京都からの要請により、都内で開催されるJ1リーグ1試合、J2リーグ3試合がリモートマッチ(無観客試合)となったことを公式発表している。

日本政府は23日夕方、新型コロナウイルス感染の再拡大を受けて東京都、大阪府、京都府、兵庫県の1都1府2県を対象に緊急事態宣言を発令。Jリーグは自治体からの要請を受けたことにより、すでに関西圏で4月25日から5月11日まで開催される公式戦をリモートマッチとしているが、新たに東京都内で行われる公式戦に関しても無観客試合となることが決まった。

今回の緊急事態宣言により東京都内でリモートマッチとなる対象試合は以下の通りとなっている。

==========

・明治安田生命J1リーグ

第12節 FC東京対横浜F・マリノス(5月1日14時 味の素スタジアム)

・明治安田生命J2リーグ

第11節 東京ヴェルディ対大宮アルディージャ(5月2日15時 味の素スタジアム)

第11節 町田ゼルビア対レノファ山口(5月2日15時 町田GIONスタジアム)

第12節 東京ヴェルディ対ザスパクサツ群馬(5月5日15時 味の素スタジアム)

==========