防衛失敗の比嘉大吾「残念で悔しい」「すぐ答え出ない」

©株式会社琉球新報社

 試合終了後、会見に臨んだ比嘉大吾と野木丈司トレーナー。地元沖縄でまさかの防衛失敗に「負けたということだけが事実」「残念で悔しい」と、疲労と落胆の大きさを隠せなかった。

 多くの支援者やファンが会場に駆け付けた。比嘉は地元で試合ができたことに感謝しながら「沖縄の皆さんにいい試合内容で喜んでもらいたかった。悔しい思いで帰った人もいると思うと、申し訳なさもある」と声を落とした。

 強引に中に入って打ち合いに挑むという勝ちパターンに持ち込めず「クリーンヒットもなかった」と反省を口にした。試合終了直後は「(判定で)負けた」と感じ取ったという。

 今後の目標については「終わったばかりですぐに答えは出ない。野木トレーナーや関係者と話し合って、考えを出していきたい」と語った。

 野木トレーナーは「やるのであれば、今日より良く、次の日より良くと過ごしていくしかない」と期待した。

【関連記事】
▼【動画と写真】比嘉大吾、防衛ならず…試合の様子と記者会見
▼比嘉、防衛に失敗 西田に0―3、凱旋飾れず 「自分の動きできなかった」
▼比嘉大吾沖縄入り 24日に初防衛戦 「勝って皆を喜ばせたい」
▼ボクシング比嘉、具志堅会長に直談判するもかなわず… ジムとの契約解除に踏み切ったわけとは
▼比嘉大吾も苦しんだボクシングの減量ってどんなもの? 元ボクサー、医師に聞いてみた【WEB限定】