【きらら浜 野鳥手帖】

No.26「コサギ」

©株式会社サンデー山口

ペリカン目 サギ科  [全長]61㎝  [時期]一年中見られる留鳥

 「シラサギ」と呼ばれている白いサギ(ダイサギ・チュウサギ・コサギ)の一種で、その中で最も小さなサギです。嘴が黒色で、足の指が黄色なのがコサギの特徴です。繁殖期になると目先がピンク色に変色し、頭から2本の飾り羽が伸びてきます。

 餌は水田や河川などの浅い水辺で探し、長い脚を水中で振るわせて、隠れているエビや驚いて出てきた魚などの生き物を捕食します。また、浅瀬を走り回って捕食することもあり、その姿はまるで水辺で遊ぶ子どもの様です。

きらら浜自然観察公園 信木 愛

Facebookページに飛んでみよう!

「コサギ食事タイム♪」の様子はコチラ