耳に残る数多のメロディー「ドラえもん」「暴れん坊将軍」…作曲家・菊池俊輔さん(弘前出身)死去、89歳

©株式会社東奥日報社

 国民的人気アニメ「ドラえもん」の主題歌をはじめとするテレビアニメや映画・ドラマなどの音楽を数多く手掛けた青森県弘前市出身の作曲家、菊池俊輔(きくち・しゅんすけ)さんが24日午前9時16分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の療養施設で亡くなっていたことが28日分かった。89歳。葬儀は親族で行った。喪主は長男竜輔(りょうすけ)氏。

 弘前工業高校、日本大学芸術学部卒。1961年に映画「八人目の敵」の伴奏音楽でデビュー。「昭和残侠伝」シリーズ、「ガメラ対大悪獣ギロン」など映画音楽を多数手掛け、梶芽衣子さん主演「女囚701号さそり」の主題歌「怨み節」がヒットした。

 テレビではアクションドラマの「キイハンター」、外国映画を思わせるオープニングが哀愁漂う「Gメン’75」、アップテンポな曲調で型破りな時代劇をもり立てた「暴れん坊将軍」など耳に残るメロディーを数多く残した。アニメでは「ドラえもん」の主題歌「ドラえもんのうた」のほか、3月に亡くなった弘前市出身の元東映プロデューサー斉藤侑(たすく)さんとの同郷コンビで「タイガーマスク」や「バビル2世」の主題歌を手掛けるなど、半世紀以上にわたりヒットメーカーとして第一線で活躍した。2003年県褒賞受賞。06年に東奥賞を受賞した。