元妻、覚醒剤を密売人から入手か

スマホ情報一致、資産家不審死

©一般社団法人共同通信社

送検のため、和歌山県警田辺署を出る須藤早貴容疑者=29日午前11時

 和歌山県田辺市の資産家野崎幸助さん=当時(77)=が2018年に不審死した事件で、県警に殺人容疑などで逮捕された元妻須藤早貴容疑者(25)が同市内で密売人に接触し覚醒剤を入手した疑いがあることが29日、捜査関係者への取材で分かった。2人のスマホの位置情報を解析し、一致する時間帯があったことが判明した。

 野崎さんの死因は急性覚醒剤中毒。県警は須藤容疑者が密売人から覚醒剤を手に入れ、野崎さんに飲ませて殺害した可能性があるとみて捜査している。29日、須藤容疑者を送検した。

 また野崎さん宅の掃除機から覚醒剤が検出されたことも分かった。