中国、食べ残し禁止法を可決

大食い番組は罰金、国挙げ節約

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会は29日の会議で、反食品浪費法案を可決した。中国国営メディアが報じた。大食い番組や動画の発信に関わった場合、最高10万元(約168万円)の罰金を科す。飲食店で食べ残しが多いケースも罰金の対象となる。

 国を挙げて節約し、食料安全保障の強化につなげる狙い。飲食店は客が適量を注文するよう促さなければならず、食べきれない量を注文させた場合は最高1万元の罰金となる。

 中国では、宴会で食べきれない料理を並べるのが招く側の礼儀だと考える人も多い。