ボードゲームの国際試合中に驚きの一幕!ロシア選手ぼうぜん―中国メディア

©株式会社 Record China

2021年4月29日、中国メディアの観察者網は、ポーランドで開かれたボードゲーム・チェッカーの国際大会で、「驚きの一幕」があったと報じた。
記事によると、ポーランドの首都ワルシャワで27日に開かれたチェッカーの国際大会4回戦で、前回チャンピオンのロシア人選手がポーランドの選手と対局していた際、大会スタッフが突然ロシア人選手の席に歩み寄り、名札と国旗を撤去した。中継映像では名札と国旗を取られたロシア人選手が周囲を見回し「一体何が起きたのか」という表情を浮かべていたといい、この出来事が影響したのかロシア人選手は対局に敗れたという。
記事は、「現在ロシアとポーランドとの関係が緊張していることもあり、このトラブルがロシア国内で波紋を起こした」とし、ロシア五輪委員会会長が「重大なミスだ」と述べ、クレムリンの報道官も「試合中の横やりで、ロシア人選手が損失を被った」と非難したことを紹介した。
その上で、大会主催者の関係者が28日に「大会開始後、世界アンチドーピング機関(WADA)より『ロシアを表す全ての物を撤去するように』と告知を受けた。スポーツ仲裁裁判所が以前に『大規模な国際大会にてロシアの国旗、国歌を使用しないように』と規定したことによるもので、撤去しなければわれわれが制裁を受ける可能性があった」と釈明、パスが許されるなら手番をパスして駒を動かしたくない状況を表すチェス用語「ツークワンク」という言葉を用いて、主催者が置かれた立場を強調したと伝えた。
また、関係者が対局終了後にロシア人選手に謝罪したことを明かすとともに、ロシア国民にも謝罪した一方で「多くのロシア国民が失望したことは知っているが、われわれに悪意はなかった」と述べるとともに、「スタッフの行動が選手に影響を与えたとは考えていない。この点で大きな圧力を受けていることに、恐怖を覚えている」と語ったことを報じた。
記事によると、WADAはこの件について、「確かに主催者に対してロシアを表すものの撤去を書簡で求めたものの、対局中に行うことは求めていない。主催者がとった行動は、WADAに関するものではない」とコメントしたという。(翻訳・編集/川尻)