山口県内26人感染、岩国の社員寮などで新たなクラスター 1日新型コロナ

©株式会社中国新聞社

 山口県で1日、新たに10〜80代の男女26人の新型コロナウイルス感染が確認された。周南市7人、岩国市、防府市各6人、山口市3人、下関市2人、山陽小野田市、長崎県各1人。

 岩国市の社員寮では県内29例目のクラスター(感染者集団)が発生、これまで計5人の感染を確認。周南市の工場の職場内でも計8人のクラスターを認定し、同30例目とした。

 岩国市の高齢者施設クラスター関連は医療従事者の30代男性が感染し、計15人となった。防府市の10代女子学生1人は山口市の学校クラスター関連(計10人)。山口、防府と山陽小野田市の10代男女学生5人は防府市の学校クラスター関連(計14人)だった。岩国市の20代男性は山口県警が4月30日に発表した岩国署の警察官。