【続報】山口県で2人死亡29人感染、2日の新型コロナ 変異株も新たに59人判明

©株式会社中国新聞社

山口県庁

 山口県で2日、新たに10歳未満〜80代の男女29人の新型コロナウイルス感染が確認された。周南市10人、岩国市7人、防府市、下関市各4人、宇部市3人、下松市1人。新たに過去最多となる59人の変異株の感染も分かり、県内の変異株の感染者は267人となった。

 防府市の学校クラスター(感染者集団)関連は、周南、防府、宇部と下関市の10代男女学生9人が感染し、計23人となった。岩国市の50代女性は同市内の学校に勤める教職員、下関市の30代男性は市消防局の職員で消防業務をしていた。

 県はまた、入院していた80代女性2人が亡くなったと発表した。いずれも持病があり、うち1人は変異株の感染者だったという。県内での死者は46人となった。