陶祖祭「ピンチをチャンスに」 陶器まつり連続延期も飛躍誓う 波佐見町

©株式会社長崎新聞社

波佐見焼の飛躍を誓った陶祖祭=波佐見町井石郷

 波佐見焼の開祖とされる朝鮮人陶工、李祐慶の遺徳をしのぶ陶祖祭が1日、長崎県東彼波佐見町井石郷の「李祐慶の碑」前であった。新型コロナウイルス感染拡大で「波佐見陶器まつり」が2年連続で延期するなど窯業界への影響が続く中「ピンチをチャンスに変えよう」と飛躍を誓った。
 波佐見焼は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加した大村藩主、大村喜前が李ら陶工を連れ帰ったのが起源とされる。同町村木郷には李が開窯したとされる国史跡の畑ノ原窯跡がある。
 陶祖祭は波佐見焼振興会(児玉盛介会長)が毎年、波佐見陶器まつりの時期に開催している。だが同まつりは昨年は中止。感染症対策を徹底し開催予定だった今年も、県内感染の急拡大を受け延期した。このため陶祖祭は昨年に続き、関係者のみで執り行った。
 金屋神社の中山公弘宮司が祝詞を上げ、関係者が碑前に玉串をささげて窯業の発展を祈った。児玉会長は「力を合わせて苦境を乗り切り、次の世代に意志を受け継いでいきたい」と述べた。