兵庫県で344人コロナ感染、知事が緊急事態宣言延長の可能性言及 5月3日発表

©株式会社福井新聞社

 兵庫県は5月3日、新型コロナウイルスに感染していた1人の死亡と、月曜日として最多の344人の感染を発表した。公表済みの感染者2人を取り下げ、県内の死者は703人、感染確認は3万2923人となった。

 井戸敏三知事は3日、記者団の取材に応じ、11日までの予定で発令中の緊急事態宣言に関し「感染者数が大幅に減らないと打ち切りにはならないと思う」と述べ、延長の可能性に言及。政府に対し延長要請するかどうかは、今週の対策本部会議などを踏まえ判断するとした。

 福井県は4月22日に独自の「緊急事態宣言」を発出。全都道府県との不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。全国の緊急事態宣言の実施区域、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」実施区域は以下の通り。

【緊急事態宣言】東京都、大阪府、京都府、兵庫県(5月11日まで)

【まん延防止等重点措置】宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、愛媛県、沖縄県(5月11日まで)

この記事はいかがでしたか?