大阪で847人感染、19人死亡

入院中の重症者が過去最多

©一般社団法人共同通信社

あべのハルカス(右)と大阪市街地=4月

 大阪府は3日、847人が新型コロナウイルスに感染し、50~90代の19人が死亡したと発表した。府によると、新たに基礎疾患のない30代男性ら30人が重症となり、入院中の重症者は前日から4人増え、過去最多の429人になった。

 累計の感染者は8万4351人、死者は1532人となった。過去1週間の陽性率は7.6%。泉佐野市の大阪府警第三機動隊など5カ所で新たにクラスター(感染者集団)が確認された。 

 吉村洋文知事は3日、11日に期限を迎える緊急事態宣言の延長を政府に要請するかどうかに関しては「6日か7日に対策本部会議を開いて判断する」と述べるにとどめた。