里山の再生へ NPO法人が千葉市の谷津田で田植え体験会

©千葉テレビ放送株式会社

里山の再生へ NPO法人が千葉市の谷津田で田植え体験会

 里山再生に取り組むNPOによる田植えの体験会が3日、千葉市若葉区の田んぼで開催されました。

 体験会は、千葉市で耕作放棄地の解消に取り組んでいるNPO法人「バランス21」が若葉区谷当町の谷津田「堂谷津」で開催しました。

 市内外からNPOの会員ら約10人が参加し、ふくらはぎ付近まで田んぼにつかりながらコシヒカリの苗を植えていきました。

 去年は、新型コロナの感染拡大で一般向けの稲作体験は開催を見送りましたが、ことしは、マスクを付けたままの田植えなど、感染防止策を講じた上で稲作体験を再開させ、1か月に1回、「堂谷津」の一般開放も始めました。

 バランス21の佐藤聰子代表は「堂谷津の周辺環境を含め、子どもたちが自然体験で命のつながりを学べる場所にしていきたい」と話しています。