V長崎 吉田監督解任 後任に松田氏「J1昇格に向けて全力で」

©株式会社長崎新聞社

松田浩新監督

 サッカーJ2のV・ファーレン長崎は3日、成績不振を理由に吉田孝行監督(44)を解任し、V長崎アカデミーダイレクターの松田浩氏(60)を後任に充てると発表した。チームは現在4勝2分け5敗(勝ち点14)で22チーム中11位。松田氏は9日の北九州戦から指揮を執り、吉田氏はトップチームに残ってアシスタントコーチを務める。
 吉田氏は2020年1月、V長崎のコーチに就任。手倉森誠前監督の退任を受けて21年1月に内部昇格した。V長崎の監督がシーズン途中で交代するのは13年のJ2参入以降初。「結果を出すことができず、申し訳なく思っている」とコメントした。
 松田氏は長崎市出身。長崎北高、筑波大を経てマツダ(現J1広島)でプレーした。引退後は神戸、福岡、栃木で監督を歴任。18年から現職に就いていた。「目標であるJ1昇格に向けて全力で頑張っていきたい」としている。