90歳バフェット氏の後継者内定

投資の神様「万が一の時」

©一般社団法人共同通信社

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットCEO=2018年、オマハ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米有力投資会社バークシャー・ハサウェイが、「投資の神様」と称されるウォーレン・バフェット最高経営責任者(CEO)=(90)=の後継者に、グレッグ・アベル副会長(58)を内定したことが3日、分かった。

 バフェット氏が米CNBCテレビに「私に万が一のことが起きた時はグレッグが引き継ぐと取締役が合意している」と明かした。後継者問題は10年以上にわたって投資家の関心を集めていた。