【3日】長崎県内24人がコロナ感染 新規クラスター3件

©株式会社長崎新聞社

3日発表の市町別感染者数(左)と、新型コロナウイルス感染者の入院状況 (2日午後7時現在)

 長崎県などは3日、県内6市で新たに24人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。長崎市の飲食店と事業所、壱岐市の飲食店で、新たに計3件のクラスター(感染者集団)が発生した。
 長崎市の感染者は16人。新規クラスターはバーと製造業事業所の2件で、市はいずれも関係者を把握できているとして名称を公表していない。バーでは2、3両日の公表分で、従業員と利用客の計6人(一部は市外在住者)の感染を確認。事業所では2日までの公表分で、従業員6人の感染が分かっている。
 壱岐市の店名非公表の飲食店は、3日公表の2人を含めて計5人(経営者1、従業員1、利用客3)のクラスターになった。5人には県外の感染者2人も含む。
 五島市の新規感染者2人のうち1人は、長崎市から島へ帰省中に発熱などの症状が出て、検査で陽性と分かった。県は壱岐、五島両地区で病床確保のフェーズを「1」から「2」に引き上げた。