この先晴れの天気は束の間 5日(祝・水)は西日本で大雨 7日(金)に再び雨の所も

©株式会社ウェザーマップ

4日(祝・火)は晴れている所が多く、関東から西は汗ばむ陽気となる見込み。ただ、西日本は次第に雲が広がり、今夜は九州など雨の降り出す所がありそうだ。あす5日(祝・水)全国的に天気が崩れ、西日本を中心に雨の強まるおそれがある。

西から雲広がる

 4日(祝・火)は日中いっぱい晴れる地域が多く、最高気温は関東から西で25℃前後、内陸は28℃くらいまで上がる見通し。空気が乾燥するのでカラッとした暑さだが、なるべく意識的に水分補給や休息を取るよう心がけたい。

 なお、大陸方面から早くも前線や低気圧が近づくため、夕方以降は西日本を中心に雲が多くなる見込み。今夜は、九州や四国の一部で、雨の降り出す所がありそうだ。

西日本で大雨のおそれ

 雨の範囲は、5日(祝・水)午前には西日本や東海、北陸まで広がり、九州や四国の太平洋側で局地的に雷を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがある。5日午後には、東・北日本でも雨の降る所が多くなり、遅い時間には東海など一部に発達した雨雲がかかる可能性がある。全国的に南寄りの風が強まるため、海上を中心に強風や高波にも注意が必要だ。

天気変わりやすい

 6日(木)は天気の回復する地域が多いが、関東など東日本の太平洋側は、朝まで雨の残る所がありそうだ。暖かい空気に覆われるため全国的に気温が高く、関東から西は25℃前後、北日本でも23℃くらいまで上がる所があり、札幌は6月中旬並みの陽気となる見込み。  

 7日(金)午前中は北日本で晴れ間があるが、その他の各地は雲が多くなりそうだ。西日本は太平洋側を中心に雨の降り出す所があり、遅い時間には東日本でも一部で天気が崩れる見込み。  週末は、前線や湿った空気の影響で全国的に雲が広がりやすく、8日(土)と9日(日)は北日本で雨の降る所がある見込み。    

 なお、沖縄・奄美はこの先、週の後半から週明けにかけても曇りや雨の日が多くなりそうだ。   (気象予報士・高橋和也