“Uターン”ピーク混雑見られず…北陸新幹線の東京方面自由席 乗車率最大で僅か10% 特急も最大20%

©富山テレビ

ゴールデンウィークの帰省のUターンがピークを迎えていますが、4日も交通機関に混雑は見られません。

JR西日本によりますと、大型連休を富山で過ごした観光客や帰省客のUターンは3日から始まり、4日ピークを迎えています。

しかし、東京方面への北陸新幹線は4日も混雑は見られず、午前10時現在、はくたかの自由席の乗車率は最大でわずか10パーセントにとどまっています。

また、特急では大阪方面のサンダーバード、名古屋方面のしらさぎともに乗車率は最大20パーセントとなっています。

Uターンは、5日まで続きます。