春の高校野球千葉県大会 千葉学芸が初優勝

©千葉テレビ放送株式会社

春の高校野球千葉県大会 千葉学芸が初優勝

 春の高校野球千葉県大会の決勝戦が4日に行われました。

 初の決勝進出を果たした千葉学芸に対するのはこの春の選抜に出場し、春の県大会4度の優勝を誇る専修大松戸。

 2対2で迎えた2回の表、千葉学芸はヒットと送りバントでランナー3塁2塁とし、2番・鈴木が1・2塁間を破るタイムリーヒットで勝ち越します。

 一方、千葉学芸のエース北田にわずか3安打に抑えられ、意地を見せたい専修大松戸は9回、ヒット2本でランナー2塁・1塁としますが、最後のバッターは空振りの三振。千葉学芸が悲願の初優勝を果たしました。

 千葉学芸と専修大松戸は、5月15日から山梨県で行われる関東大会に出場します。