レバークーゼン、逸材MFビルツと2026年まで契約延長!「大きな目標を達成したい」

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

バイヤー・レバークーゼンは3日、ドイツ代表MFフロリアン・ビルツとの契約延長を発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。

ケルン下部組織出身で現在18歳のビルツは2020年1月にレバークーゼンへ移籍。同年5月にチーム史上最年少となる17歳15日でプロデビューを果たすと、6月には当時のブンデスリーガ最年少ゴールとなる17歳34日でプロ初得点を記録していた。

そして、プロ2年目の今季は中盤を主戦場にここまで公式戦35試合に出場して7ゴール8アシストを記録。この活躍を受けて、今年3月にはカタール・ワールドカップ欧州予選に臨むドイツ代表に初招集されていた。

新契約を締結したビルツはクラブ公式サイトを通じて、「僕はドイツの中でも素晴らしいクラブでプレーしている。今後数年間はこのクラブでプレーして、大きな目標を達成したいと思っているよ。素晴らしいチームだからピッチ上で成長できたんだと思う。自分の活躍で近い将来タイトル獲得に貢献したいと思っている。それが僕の目標なんだ」とコメントしている。