黄果樹風景区の鍾乳洞「水簾洞」の一般開放を再開 貴州省

©新華社

黄果樹風景区の鍾乳洞「水簾洞」の一般開放を再開 貴州省

黄果樹風景区にある水簾洞。(2019年4月13日撮影、安順=新華社配信/古尚台)

 【新華社安順5月4日】中国貴州省安順市に位置する黄果樹風景区内の鍾乳洞「水簾洞」が4月30日、一般開放を再開した。同風景区を管理する黄果樹旅遊集団が発表した。

 水簾洞は黄果樹瀑布の背後にあり、長さ134メートルの洞窟内に五つの空間、六つの窓、三つの泉と神秘的な鍾乳石が点在している。新型コロナウイルス感染予防のため、2020年1月26日から一般開放を一時停止していた。

黄果樹風景区の鍾乳洞「水簾洞」の一般開放を再開 貴州省

1日、貴州省安順市に位置する黄果樹大瀑布。(安順=新華社記者/呉思)

黄果樹風景区の鍾乳洞「水簾洞」の一般開放を再開 貴州省

1日、貴州省安順市に位置する黄果樹大瀑布。(安順=新華社記者/呉思)

黄果樹風景区の鍾乳洞「水簾洞」の一般開放を再開 貴州省

1日、少数民族の衣装を着て黄果樹大瀑布を背に写真を撮る観光客。(安順=新華社記者/呉思)