「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

©新華社

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、北閣仏灯とその傍らを流れる韓江。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

 【新華社潮州5月4日】中国広東省潮州市の環城東路の北端にある北閣景勝地は、同市を代表する八つの景勝地「潮州八景」の一つで、金山を背に、東に韓江を臨む北閣仏灯とその周辺に建つあずまや、楼閣で構成されている。

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、「玄天閣」と記された扁額。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

 玄天閣は通称、「北閣」と呼ばれる。明代の創建で、清代に何度も修理されたが、後に破壊され、1986年に再建された。北閣仏灯は、かつて楼閣前に置かれた仏灯が夜間、四方をあまねく照らしたという言い伝えから、その名が付いたとされる。

 景勝地内には、最も完全な形で現存している明代の潮州府の古城壁がある。

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、玄天閣から望む北閣仏灯。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、玄天閣の内部。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、玄天閣の後方にある城壁。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、北閣景勝地にたたずむ玄天閣と北閣仏灯。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、玄天閣から眺めた韓江。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、明代に建てられた潮州府の城壁の一部。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、明代に建てられた潮州府の城壁。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、北閣景勝地にたたずむ浪西楼と金山井。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、北閣景勝地にたたずむ回瀾亭。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、「広東第一井」と称される金山古井。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、潮州府の城壁にある一天門。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、潮州府の城壁の一部。(潮州=新華社配信/畢建鴿)

「潮州八景」の一つ、北閣景勝地を訪ねて 広東省

4月23日、北閣仏灯景勝地の入口。(潮州=新華社配信/畢建鴿)