【春季・神奈川県大会】センバツで体調崩した東海・大塚、復活の3安打

©株式会社神奈川新聞社

3安打1打点だった東海大相模の大塚

【決勝】東海大相模4-3桐光学園

 東海大相模の大塚が四回1死一塁で同点三塁打を放つなど、3安打1打点と復活をアピール。今大会から主将の任を解かれており、「3日の準決勝でヒットが出て感覚をつかめた。自分がキャプテンじゃなくても、チームをサポートするつもりだった」と手応えを口にした。

 選抜大会期間中に急性胃腸炎を患って戦線を離脱し、県大会初戦から合流しているチームリーダーの復調に、門馬監督もうれしそう。「大塚がいることでチームはまとまる。高校野球の形にとらわれず、(門馬功との)ダブルキャプテンもありかも」と新たな選択肢を示した。