1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

©新華社

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

 【新華社張掖5月4日】馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余り舎利塔の摩崖浮彫(まがいうきぼり)で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影、張掖=新華社記者/范培珅)

1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて 甘粛省

4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から、張掖=新華社記者/范培珅)