【5日(水)の天気】「立夏」のきょうは全国的に雨 九州や四国では激しい雷雨も 沖縄・奄美は梅雨入りか

©株式会社ウェザーマップ

 5連休最終日「こどもの日」のきょう5日(水)は、西から雨の範囲が広がって全国的に傘の出番、九州や四国などでは、局地的に非常に激しい雷雨になる所もありそうだ。南風の強まる所も多く、雨とともに強風にも注意して過ごしたい。
 きょうは「立夏」でもあるが、木々は新緑を色濃くし、沖縄や奄美では季節を進める雨となり、梅雨入りの可能性もある。

全国的に傘の出番 西日本では局地的に非常に激しい雷雨も

 午前5時現在、西日本と東海・北陸の一部で雨が降っているが、昼頃には関東甲信でも雨の降り始める所があり、午後から夜にかけては北日本でも雨の降るタイミングがありそうだ。
 九州では昼頃にかけて、四国や紀伊半島付近では夕方頃にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、落雷や突風、大雨による土砂災害や低い土地への浸水などに注意・警戒が必要になる。
 雨とともに、沿岸部を中心に南風の強まる所も多いため、強風や高波にも注意が必要だ。

 また、午後は九州から天気が回復してくるが、夕方以降、西日本では日本海側を中心に黄砂の飛来も予想されている。

雨で気温の上がり方は鈍い 長袖の出番

 今朝は曇りや雨の所が多く、この時季としては気温の高い朝となっている。北海道など北日本の一部を除いて、日中の気温はきのうよりも低い予想。沖縄・奄美で最高気温が25℃を超える夏日となるが、その他は夏日となる所はほとんどない見込みで、きょうは半袖よりも長袖でちょうどよい体感の所が多くなりそうだ。

<5日の予想最高気温(前日差)>
札幌 15℃(+3℃) 平年並み
仙台 21℃(-2℃) 5月下旬並み
東京 22℃(-3℃) 平年並み
名古屋 20℃(-4℃) 4月中旬並み
大阪 20℃(-4℃) 4月中旬並み
福岡 23℃(±0℃) 平年並み
那覇 27℃(+1℃) 平年並み

沖縄・奄美はぐずつく日が多く 雨の季節到来か

 沖縄・奄美ともに、きょうは昼頃から断続的に雨が降り、雷の鳴る所もありそうだ。あす6日(木)以降も、曇りや雨のぐずついた天気が続く予想で、沖縄や奄美は、早ければきょうにも梅雨入りの発表となる可能性がある。いずれも平年より早い梅雨入りとなりそうだ。
 また、その他は、全国的に短い周期で天気が変化する見込み。

(気象予報士・海老原美代子)