コロナ規制反対の右派が勝利

マドリード州議選で議席倍増

©一般社団法人共同通信社

スペイン・マドリード自治州の州議会選挙での勝利を喜ぶアジュソ州首相=4日、マドリード(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】スペインの首都を含むマドリード自治州で4日、州議会(136議席)の前倒し選挙の投票が行われ、開票率99.93%時点で、イサベル・ディアス・アジュソ州首相率いる中道右派、国民党が議席を65(前回2019年は30)へ倍増させる見通しとなり、第1党の座を確保して勝利した。アジュソ氏は新型コロナに対する国の規制策に反対する姿勢で人気を集めた。

 国政与党の穏健左派、社会労働党は議席を24(同37)へ減らす見込み。国の政権運営には直ちに影響しないが、同党のサンチェス首相に打撃だ。

 アジュソ氏はコロナの再拡大にもかかわらず、州内で飲食店の営業を維持した。