外交部、フィリピン高官の対中発言について―中国メディア

©株式会社 Record China

フィリピン高官の対中発言について外交部(外務省)の汪文斌報道官が4日、記者の質問に答えた。新華社が伝えた。
【記者】報道によるとフィリピン外務省は3日、中国海警局の船舶による黄岩島(スカボロー礁)海域でのパトロールに抗議する声明を出した。ロクシン外相もこれについてSNSの個人アカウントで汚い言葉を使った発言をした。これと同時に我々は、ドゥテルテ大統領が「中国との間に対立を抱えるからといって、粗野で無礼にならねばならないわけではない。フィリピンは多くの事で中国からの支援に感謝する必要がある」と述べたことにも留意している。これについて中国側としてコメントは。
【汪報道官】黄岩島は中国の領土であり、周辺海域は中国の管轄海域だ。中国側はフィリピン側に対して、中国の主権と管轄権をしっかりと尊重し、情勢の複雑化を招く行動を止めるよう促す。事実が繰り返し証明しているように、メガホン外交は事実を変えられず、相互信頼を壊すだけだ。フィリピン側の関係者が発言時に基本的な礼儀と身分をわきまえることを望む。
フィリピンのドゥテルテ大統領が述べた通り、個別の問題における意見の相違や摩擦が両国間の友好と協力に影響を与えるべきではない。これは、双方が繰り返し達成してきた重要な共通認識でもある。中国側は一貫して引き続きフィリピンとの友好的協議を通じた意見の相違の適切な処理、協力の推進に尽力し、引き続き新型コロナとの戦いや経済回復の分野でフィリピン側に可能な限りの支援をしていく。(提供/人民網日本語版・編集/NA)