ブラジルで保育所襲撃、5人殺害

18歳の男、自殺図る

©一般社団法人共同通信社

 【サンパウロ共同】ブラジル南部サンタカタリナ州サウダデスで4日、大型の刃物を持った男(18)が保育所に侵入して子どもらを襲撃、幼児3人と職員の女性2人を殺害し、自殺を図った。同国メディアが報じた。

 死亡したのは1歳7カ月~1歳9カ月の幼児3人と、女性教員(30)と女性職員(20)。男は犯行後、自分の首や胸を切り付け病院に搬送された。保育所では生後間もない乳児から3歳ぐらいの子どもを預かっていた。

 男はいじめが原因で、家に引きこもっていたとの報道もある。捜査官はメディアに「問題のある少年だった」と話した。